検索
  • Keiko

ココナッツ食材

最終更新: 4月24日


中鎖脂肪酸としてのココナッツオイルの健康への効果が期待されるということでココナッツオイルをはじめとするココナッツ由来の食材が注目されており,広く普及してきました。


【ココナッツミルク】 成熟したココナッツの実の白い果肉(固形胚乳)をすりおろし,水を加えて加熱っしたあと漉して得ることのできる白い液体。タイ料理をはじめアジア各地,ハワイ,ブラジル料理などに使われる。ココナッツクリームとは濃さが異なる。 【ココナッツクリーム】 ココナッツミルクの非常に濃厚なもの。ココナッツミルクを冷蔵し温度を下げると水と分離し浮いてくる濃厚な泡立てた生クリーム状のものがココナッツクリーム。ヴィーガンが生クリームの代用として使うことも多い。 【ココナッツミルクパウダー】 ココナッツクリームを乾燥させたもの。水を加えることでココナッツミルク,ココナッツクリームを使う料理やデザート,飲み物に使われる。 【ココナッツパウダー】(あるいはココナッツフラワー ココナッツの実の白い果肉(固形胚乳)を粉状に粉砕したもの。近年は小麦のグルテンがアレルギーや消化器系の症状の原因となっていることが報告され,グルテンフリーの調理,デザート作りに代用されることが多くなった。 【ココナッツパームシュガー】 SAPと呼ばれるココナッツの花蜜をろ過して作られる天然甘味料。糖分としては血糖値の上昇度を表すグリセミック指数(GI値)が非常に低いため,生活習慣病予防に適しているといわれる。痩身効果で話題のごぼうに含まれる水溶性食物繊維のイヌリンがココナッツパームシュガーに含まれており痩身効果も期待される。 【ココナッツフレーク】 成熟したココナッツの実の白い果肉(固形胚乳)を細かく刻んだもの。これをさらに細かくしたものがココナッツパウダー。ココナッツミルク,ココナッツバターを作る時の原材料。


【ココナッツバター】 ココナッツフレークを高速ブレンダーで撹拌しバターのようなピュレー状にしたもの。マナスプレッドとも呼ばれる。その構成は65%がバージンココナッツオイルで,35%は食物繊維,カリウム,マグネシウム,鉄分などを含有。バージンココナッツオイルの健康メリットに加え,固形胚乳をまるごと使うためココナッツの総合的健康効果をバランスよく摂ることができる。



ココナッツの食材のオススメ商品は以下にリンクを用意しましたので興味のある方はクリックしてください。すべて日本のアマゾンで購入できます。




#ココナッツ #ココナッツ食材 #ナタデココ #ココナッツバター #Coconut #CoconutButter #CoconutWater #CoconutCream #ココナッツクリーム

89回の閲覧
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

© 2018-2022 by WELLNESSESE.INFO